キャットフードだけで必要な栄養が摂れる

いつも同じキャットフードを与えていて栄養が足りるだろうか、キャットフードだけで必要な栄養を摂れるのだろうか、こんな心配をかかえていませんか。しかし、キャットフードだけで必要な栄養を摂ることはできます。キャットフードは、総合栄養食、間食、食事療法食、その他の目的食の4つに分類されています。総合栄養食は、これと水を与えていれば必要な栄養を摂れるものです。猫に必要な栄養が配合されています。

間食はおやつのことで、主にコミュニケーションやごほうびとして与えます。嗜好性が高く喜んで食べますが、1日の摂取カロリーの20%以下に抑えることが望ましいです。食事療法食は、カロリーや栄養素を調整した特定の疾患に対応したキャットフードです。その他の目的食は、これだけでは栄養を補うことができず、トッピングをして利用したりします。必要な栄養を摂れるのは総合栄養食です。毎日の主食として与えることができます。

手作りご飯は安心感があったり、自分が作ったものを喜んで食べてくれるうれしさがありますが、猫には人間とは違った栄養素が必要なので、手作りご飯では栄養が不足する心配があります。また、塩分、糖分、カロリーなどが過剰になることもあります。栄養素に関する知識がないと作るのは難しく、これを毎日与えていると栄養不足になる可能性があります。

一方総合栄養食のキャットフードは、猫に必要な栄養を考えてバランスよく配合しているので、適切な量を与え手入れば栄養失調になったり、カロリーの摂りすぎになることもありません。