肥満や病気のリスクを下げる

健康を維持するためには、毎日必要な栄養素を摂取し、カロリーオーバーにならないように気をつける必要があります。必要なものが不足すれば、体の機能を円滑に行えず病気のリスクが高まります。カロリーオーバーは肥満の原因です。

猫には猫に必要な栄養素があり、どんな栄養がどれくらい必要なのかを計算するのは、知識がないと難しいです。知識があっても、毎日計算をしてご飯を作るのは大変です。

キャットフードの場合は、必要な栄養が必要なだけ配合されています。キャットフードと水を与えていれば、猫が必要とする栄養を満たすことができます。必要な栄養を必要なだけ摂取すれば、健康が維持されることでしょう。

栄養はたくさん摂ればいいというものではありません。与えすぎれば過剰症になることがあります。キャットフードは必要なだけの量を配合しているので、1日に必要な量よりも与えすぎない限り過剰症になることはないです。

カロリーも計算されているので肥満になることもないです。ただし、喜んで食べてくれるからと与えすぎれば、カロリーの過剰摂取になって肥満になります。また、おやつの与え過ぎも肥満になります。キャットフードをきちんと必要なだけ与え、おやつはごほうびとして少量与えるようにしましょう。1日の必要カロリーの20%以下になるように、おやつの量を調整してください。