消化がよい

無添加のキャットフードは、添加物配合のものと比べて消化がよいです。

人間でも添加物を使用したものを食べると、肌がかゆくなったり胃が痛くなる人がいます。添加物は人工的なものなので、体がうまく処理をできないのです。猫もうまく消化できないことは同じです。

自然界に生きている動物は、自然にあるものを食べていて添加物は摂取していません。普段口にしていないものは、うまく消化器官が対応できません。人間と長く暮らしている猫ですが、消化器官の働きはすぐに変わるものではないので、人工的なものに対応できず消化に悪いです。

消化ができないと、必要な栄養を配合しているキャットフードを食べても、必要な栄養を消化・吸収して体のために利用できないです。体が利用できなければ、代謝が落ちて病気になる心配があります。また、添加物自体の体への影響も心配されます。

無添加のキャットフードは猫に必要な原料だけを使用しています。原材料名を見ると、チキンや全卵など普段口にするようなものが記載されているはずです。自然のものなので、上手く消化することができます。しっかり消化できれば吸収もよく、必要な栄養を摂取することで病気になりにくい体に近づきます。